あそこへの近道。

芝居にダンス大学にバイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久方ぶりの。

さぼってましたね。どーん。

西田です。
最近暑くなってきました。
暑いの超絶苦手な西田は生きづらくなってまいりました。
つらい。

ちょっとバタバタしておりました。
ダンスカンパニー足一
カメハウス
と終了しました。
どちらも学ぶところが多く、
西田的にはとても大満足です。

足一では、ハードスケジュールでした。
というのも、
ダンサー
制作
舞台監督
と請け負っていたからです。
バカです。
楽しかったけどね!どーん!

カメハウスは、ジョバンニという役をいただきました。
カンパネルラを追い求めてサザンクロスの先に向かっている子です。
カメハウスのジョバンニはカンパネルラの記憶をなくしてしまい、それを探している設定でした。
カンパネルラのためならばなんでもする。
そんな子です。
だから銀河鉄道の車掌、ルビナスに利用され、主人公のニモとネモを裏切るのです。

この役の難しいところは、二重人格。
しゃっくりをきっかけに、人格が変わり、温厚で明るいジョバンニから残虐非道なジョバンニへとかわります。
個人的な設定としては、どちらもジョバンニには変わりないのです。

明るいジョバンニは、ただカンパネルラとはぐれてしまったから探しているだけなのです。
ひたすらに無垢にカンパネルラを追ってます。

一方もう一人のジョバンニはいなくなってしまったカンパネルラを見つけて再びそばに居れるならなんでもするという思考の持ち主です。
天使と悪魔でいう悪魔です。
カンパネルラを手に入れたい、ただそれだけの純粋な目的のために誰が傷つこうが知ったこっちゃないって考え方。

あたしの中で、いろんな共通点がありました。
あたしも大事な人をなくしてるのでそれとかみあわせてみたり。
辛かったけれど、勉強になりました。
確かにあたしの中にも単純にいないのかって思う時と、かえってくるならなんでもしてやるって気持ちが両方あったから。
ジョバンニは愛すべき存在で、あたしはしっかりとあの子を愛して理解できたと自負してる。

今回こんなにも素晴らしい役を下さった亀井さん、松村さんに感謝です。

素晴らしい舞台と綺麗な照明とかっこいい音楽でとても楽しくジョバンニと過ごすことができました。
ありがとうございました。



今日からできるだけ毎日更新しますよってにまたちらっとのぞいてみてください。
では、どろん!
スポンサーサイト
  1. 2012/05/19(土) 10:52:13|
  2. お芝居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛すべき馬鹿。 | ホーム | ああもうこのインク。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misakichiiii.blog.fc2.com/tb.php/6-fa65c6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。